スーパーやコンビニエンスストア、レストランなどで廃棄される食べ残しや余った食材は、そのまま生ごみとして廃棄されるとイメージしている人も多いのではないでしょうか。
日本全国、多くの食品関連事業者によって排出される廃棄物は、食品リサイクルが推奨されています。
食品リサイクル法は、時代の流れに合わせて改正されていますので、最新の内容を理解しておきましょう。

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ミシュラン PRIMACY 3 プライマシー3 ホンダ純正 サマータイヤ 215/45R17 MANARAY Euro スーパーシートレールMOタイプ右側NZE151Hオーリス Speed G810 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100


「食品循環資源」という言葉を聞いたことがありませんか?
近年、食品関連事業者に対し食品の廃棄量を減らし、排出されたものはリサイクルによって有効活用する取り組みが推奨されています。
食品関連事業者には、食品を製造している企業、加工している企業、販売している企業などが含まれます。
さらに、レストランや居酒屋などの飲食店業、ホテルや旅館業、結婚式場なども、日々飲食物を扱う業者の一種として、食品廃棄物の扱いを見直さなければいけません。

そこで、食品リサイクル法、正式名称を「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」が制定されました。
第1条では「この法律は、食品循環資源の再生利用及び熱回収並びに食品廃棄物等の発生の抑制及び減量に関し基本的な事項を定めるとともに、食品関連事業者による食品循環資源の再生利用を促進するための措置を講ずることにより、食品に係る資源の有効な利用の確保及び食品に係る廃棄物の排出の抑制を図るとともに、食品の製造等の事業の健全な発展を促進し、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。」とされています。

食品リサイクル法に従い、食品関連事業者は、食品循環資源の再生利用を計画的に進めるため、次の事項を定めなければいけません。

一、食品循環資源の再生利用等の促進の基本的方向
二 16インチ サマータイヤ セット【ノア ハイブリッド(80系 3ナンバー)】A-TECH ファイナルスピード GR-ガンマ ガンメタリックシルバー 6.5Jx16プロクセス CF2 205/55R16、食品循環資源の再生利用等を実施すべき量に関する目標
三、食品循環資源の再生利用等の促進のための措置に関する事項
四、環境の保全に資するものとしての食品循環資源の再生利用等の促進の意義に関する知識の普及に係る事項
五、その他食品循環資源の再生利用等の促進に関する重要事項

また、食品リサイクル法では食品廃棄物を排出しないよう努めることも推奨されています。
食品廃棄物を100トン以上発生させる事業者は「多量発生事業者」として区別されます。

100 G810 プライマシー3 サマータイヤ 17インチ プライマシー3 Euro ミシュラン PRIMACY Speed ホイールセット Euro MANARAY 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 カードでポイント最大34倍 X 215/45R17 4本 3 +50 7 5穴 17


多量発生事業者は、環境保護のため、主務大臣に食品廃棄物の発生量や再生利用についての取り組みを報告しなければいけません。

食品リサイクル法の改正された内容とは?


平成19年、食品リサイクル法が改正されました。
その後も、平成26年10月の「今後の食品リサイクル制度のあり方について」や「食品循環資源の再生利用等の促進に関する基本方針の策定等について」の影響を受け、詳細は少しずつ変わってきています。
食品関連事業者は、常に高い意識で動きをチェックし、改正内容を理解していなければいけません。

まず一つ目に、食品廃棄物等の再生利用手法の優先順位が変わりました。

平成27年7月31日以前の優先順位は、次のように定義されていました。
優先順位1位「飼料化」
優先順位2位「肥料化」
優先順位3位「油脂化・メタン化、エタノール・炭化」
優先順位4位「その他」

しかし、平成27年7月31日以降は、次のように定められています。
優先順位1位「飼料化」
優先順位2位「肥料化(メタン化の発酵廃液等を肥料利用する場合を含む)」
優先順位3位「油脂化・メタン化(発酵廃液を肥料利用しない場合)、エタノール・炭化」
優先順位4位「その他」

つまり、メタン化の発酵廃液などを肥料利用する場合の優先順位があがっています。
続いて、再生利用等実施率の目標値についても改正されました。
前回設定のものから、平成31年度までの目標として改めて設定されています。

食品製造業は85%から、95%へ。
食品小売業は45%から、5%へ。
外食産業は40%から、50%へ。
食品卸売業は変わらず、70%をキープしています。

そして新たに、5業種に基準発生原単位が設定されました。
新しく設定された業種と基準発生原単位は、以下の通りです。

その他の畜産食料品製造業……501kg/t
食酢製造業……252kg/百万円
菓子製造業……249kg/百万円
清涼飲料製造業(茶、コーヒー、果汁など残さが出るものに限る。)……429kg/t
給食事業……332kg/百万円

これらの業種に当てはまる事業者も、食品廃棄物量を減らすことや、再生利用することを、より高い意識で徹底しなければいけません。

食品リサイクルの効率的な方法とは?


食品廃棄物は、肥料、飼料、油脂、油脂製品、炭化製品など、

、さまざまな形で再生利用できます。
特に優先順位1位の飼料化は USミラー New MA1320143 Driver Side Mirror for Mazda 6 2006-2008 マツダ6 2006-2008用の新しいMA1320143ドライバサイドミラー、日本でよく利用されている食品リサイクルの方法「カスケード利用」とも相性がいいことから、重宝されています。
カスケード利用とはすなわち 、食品の多段階利用のことです。
食品資源を一度飼料として使い、そこで終了するのではなく、飼料を食べた家畜もリサイクルの輪に入れることで、食品資源の利用効率をあげていく方法です。

例えば、とある食品関連業者から多量の食品廃棄物が排出されたとします。
食品リサイクル法に従ってこれを飼料化し、豚舎にて餌として活用すれば、家畜の健やかな成長につながります。
カスケード利用ではさらに、家畜が飼料を食べたことによって排出された、糞尿にも注目します。
家畜の糞尿は、肥料化やバイオガス化が可能なため、農場における肥料や、バイオガスプラントとして活用できます。
単なる「食品廃棄物の飼料化」に留まらず、巡り巡って再び私たちの生活を豊かにしてくれます。

そして大前提として、スムーズな食品リサイクルを叶えるためには、食品廃棄物を減らすことが欠かせません。
これは、食品メーカーだけでなく、一人ひとりの消費者が意識すべきことと言えるでしょう。

◇食品の過剰な買い溜めは避ける
◇調理する際は、確実に食べ切れる量だけを作る
◇調理する際は、食材の知識を身につけ、食べられる部分を生ごみとして捨てないよう注意する
◇作りすぎた料理は安全に保存し ブリッド スーパーシートレールMOタイプ右側CE4ラファーガ 93/10~97/5、次の食事(昼食、夕食など)へ回す
◇外食時には、一度に多量の注文をしない
◇外食時には、使用されている食材を聞き、食べられないものが含まれていれば抜いてもらう
◇空腹状況を考慮し 【メーカー在庫あり】 (株)タンガロイ タンガロイ TACバイト角 ETFL2525-4T25-045055 JP、食べ切れそうにないときは盛り付けを減らす、外食時にはスモールサイズを注文する
◇消費期限・賞味期限を厳しくチェックし、過ぎてしまわないよう管理する
◇冷蔵庫・冷凍庫の中身を定期的に整理して、期限切れ間近の食品を見逃すことがないよう心がける
◇食品の保存環境にこだわり、傷めてしまうことがないよう注意する

「食品廃棄物」と表現すると カワサキ純正 パイプ フォークインナー 右 44013-0015 JP店、食品関連の業者のみに関係した問題だと感じてしまうかもしれません。
しかし実際は、食品廃棄物の量を減らすためには消費者一人ひとりの心がけが必要です。
食品リサイクルを推進することももちろん大切ですが、一人ひとりの意識によって食品廃棄物を減らしていきましょう。

まとめ

飽食と言われている時代だからこそ、食品リサイクルへの関心が高まっています。
食品関連事業者はもちろん、そうでない人も、食品リサイクルについて理解を深めることは、環境保全につながるはずです。
食品リサイクル法の改正情報はいち早くキャッチし、一人ひとりが循環型社会に貢献しましょう。

 

(C)AID/amanaimages